土産に
いつも、お世話になっている島の大御所に、パンフレットで見つけた
「越ヶ谷宿」なる日本酒を渡そうと店舗案内見たら、土日休み!

a0134136_14193153.jpg


あきらめて買い物に出かけ、いつもと違う道を通ってみれば
1軒の酒屋さんのドアに「純米清酒・越ヶ谷宿」のポスターが!!

神さま感謝!(^人^)

中に入るとおかみさんがいて、「置いてますか?」と聞いたら
「あら?さっき電話くれた青○さん?」と間違えられました。
結構、予約とかして買ってるのかな?

私は電話の主でなく、お土産にするので4合瓶1本欲しいのだと話したら
「じゃぁ和紙袋に入れましょう」ということになったのだが、肝心の袋が見つからず。

店脇で帳面付けしてる息子の若旦那さんを呼んで、一緒に探してくれたけど
見つからず・・・。あ、別にいいですよと言おうとしたら、若旦那さんが「1本あった!」
と見つけて持ってきてくれました。

見ればドア前の飾り棚に並べてあるうちの1本に和紙袋入りがありまして
みんなで安心笑顔の無事解決な雰囲気に。有り難くそちらを購入。

あぁ〜よかった。(^0^)

物静かな親子でしたが、何か優しい昭和な雰囲気の店内でした。
この口下手さが日本人の愛しいところですね。私は好きです。

お世話様と酒を手に店を出ようと向き返ると、おかみさんが
後ろからついてきて「お銚子使う?」と。(・0・)

見本に並んでる「越ヶ谷宿」の酒瓶の前にディスプレイされてた
お銚子を一本手渡してくれました。\(^o^)/

「え?いいんですか?」と言う私に頷きながら、次いでそばにあったお猪口も。
「お猪口も使う?これでいい?」と、どれもバラバラの中からおかみさんが
選んで手渡してくれました。もうどれだって有難くて嬉しいです。(;▽;)

a0134136_14193149.jpg


手持ちの買い物袋の中に、そそと入れてもらいながら、おかみさんの
「割れないかな?」と言う小さな心遣いの囁きに「大丈夫です。」と笑顔で答え
私も控えめに、でも明るく礼を言って店を後にしました。

店先に止めた自転車のカゴに、割れないよう色々詰め替えながら
何気に店内を見てみると、背伸びして棚の上をいじるおかみさんの後ろ姿が
蛍光灯の灯りの下、ガラス越しに見えました。
なんとも言えない・・・ほっこり・・・ノスタルジィ~(*´∇`*)

きっといつもと変わらず、なんだろうな。
一人っ子鍵っ子、引っ越し三昧の私には自営業の家族が、羨ましく思えてなりません。
色々大変なご時世、悩みやご苦労も多々あるでしょう。
でも家族の絆って感じがして、憧れの生活のひとつなんです。(^-^)

ディスカウントストアーや通販に負けないで、日本の商店街を守って欲しいです。
また、買いに来ようっと!(*´∀`)♪・・・私に出来るのはそれぐらい。

お正月は自宅限定で日本酒解禁にして飲むとしますかね!\(o ̄▽ ̄o)/
[PR]
by nibosi09 | 2011-12-04 14:19 | にぼし。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
自己紹介
のんびり、まったりな普通の日常をたまに・・・

●ホームページ(通販あり)
手作り雑貨屋にぼし
●ご当地キャラと
昭和の思い出話
ふと、思うこと・・・
検索
最新のトラックバック
タグ
(4)
ファン
ブログジャンル
40代
病気・闘病
画像一覧